残念サン 第14話「 “アイ・キャン・ノット・スパーク・イングリッシュ”」

  • 2013年5月27日(月) 10:00 JST
  • 投稿者:
    yamanoh

残念サン

残念サン

残念サン

残念サン



今回は、海外の展示会で好評を得るも、その後の問い合わせに対応できない残念サンです。冗談みたいな話、と思われるかも知れませんが、テンパッて問い合わせの電話を切ってしまった、英語メールに対応できず削除してしまった、スパムメールとして自動的にゴミ箱に入ってしまっていた、という話を僕も実際にいくつか聞いたことがあります。しかしこれでは、何のために苦労して海外に出て行ったのか、分かりませんね。

海外での展示会出展には、展示会当日の展示や説明だけでなく、その後のフォローが大事です。出展に当たっては、外国語のパンフレットやホームページを作り、通訳の方も手配されることでしょう。しかし大事なのは、その後です。実際に海外で商品を流通させるためには、現地で動いてくれるパートナーを見出し、ディストリビューター(販売代理店)として、現地からの注文や引き合いに対応してくれる企業を用意しておくことも必要でしょう。

実際、引き合いの中には発注・契約に至らないケースも多いため、そのスクリーニングにあたっては、語学だけでなく現地事情に詳しいパートナーが必要です。その体制が整っていないままに出展すると、こういう事態を招いてしまうのです。

大阪府では、MOBIOビジネスサポートセンター(http://www.m-osaka.com/jp/service/b2b_foreign.html  無料)
大阪ビジネスサポートデスク(http://www.pref.osaka.jp/keizaikoryu/promotiondesk/  有料)、
において、海外での販路開拓や取引についての相談を行っています。
海外進出をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

  • 残念サン 第14話「 “アイ・キャン・ノット・スパーク・イングリッシュ”」
  • 0コメント

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


デザインプロデュースの「ツボ」

デザインプロデュースの「現場」

残念サン

マーケットクリエイティブ株式会社_デザインプロデューサー:江原啓之

f-pzlエフパズル_デザインプロデューサー:西島洋美

株式会社ピーエーエス_デザインプロデューサー:野口顕

株式会社オプスデザイン_デザインプロデューサー:野口美可

大阪タオル工業組合_デザインプロデューサー:尾原久永

山陽製紙株式会社_デザインプロデューサー:島直哉

株式会社アクアテック_デザインプロデューサー:飯田吉秋

株式会社九宝金属製作所_デザインプロデューサー:ムラタチアキ

株式会社クリエイト・ツルモト_デザインプロデューサー:大内田直

サイトカレンダをスキップ

«
2017年 11月
»
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30