残念サン 第15話「 “こんなに評判いいのに、どーして売れないの?”」

  • 2013年7月 1日(月) 09:52 JST
  • 投稿者:
    yamanoh

残念サン

残念サン

残念サン

残念サン

 残念サンの会社は、デザイン賞をもらうまでに発展しています。このあたりまで来ると、デザ
インプロデュース成功!と思えてしまうのですが、商品の売れ行きは、はかばかしくはないよう
ですね。

 “デザインを活用した製品の高付加価値化”などとよく言われます。ともすると思考停止を招
きそうなこの物言いに、今一度注目してみましょう。

中小企業が外部デザイナーに開発を依頼すると、デザイン料が発生します。小ロットでの開発
だと、原価は割高になります。そのため、新たにできる製品の単価は、どうしても高くなります。
ここまでは「あたりまえ体操」です。

ただ、「これだけかかったんだから、いくらにしないと合わないよ!」という作り手の論理で
価格を設定してしまうのは、とても危険です。

 製品の価格を上げると、ターゲット層が変わります。そして高付加価値化を進めるほど、自身
のユーザー感覚が活かせなくなります。名刺入れに3万円かける人、果物入れに5万円かける人、
カバンに10万円かける人は、一体どんな人たちで、どんなものに囲まれていて、どんな生活を
しているのか?そしてそんな彼らが“欲しい!”と思う製品はどんな形や機能や風合いを持って
いるのか?そういった感受性を、高めていく必要があるのです。

 賞をもらったり、メディアで取り上げられたりすると、それでゴールインだと錯覚を起こして
しまいがちです…が、受賞は販売価格とは関係がありません。どうすれば商品の良さを、ターゲッ
トとなる層に訴求し、購入してもらえるのか、正念場はここからなのです。

  • 残念サン 第15話「 “こんなに評判いいのに、どーして売れないの?”」
  • 0コメント

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


デザインプロデュースの「ツボ」

デザインプロデュースの「現場」

残念サン

マーケットクリエイティブ株式会社_デザインプロデューサー:江原啓之

f-pzlエフパズル_デザインプロデューサー:西島洋美

株式会社ピーエーエス_デザインプロデューサー:野口顕

株式会社オプスデザイン_デザインプロデューサー:野口美可

大阪タオル工業組合_デザインプロデューサー:尾原久永

山陽製紙株式会社_デザインプロデューサー:島直哉

株式会社アクアテック_デザインプロデューサー:飯田吉秋

株式会社九宝金属製作所_デザインプロデューサー:ムラタチアキ

株式会社クリエイト・ツルモト_デザインプロデューサー:大内田直

サイトカレンダをスキップ

«
2017年 11月
»
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30