残念サン 第19「我が社は何もパクッてないよな!!!」

  • 2013年11月 8日(金) 10:00 JST
  • 投稿者:
    yamanoh

残念サン

残念サン

残念サン

残念サン

 今回の残念サンは、なんだかモノモノしい展開になってますね。実際のところ、残念サンたち
はシロなのでしょうか?それともクロなのでしょうか?

 今回のトラブルには、大きくみて、2つの可能性があります。
1.残念サンたちが、すでに意匠登録されていた製品をよく調べずに、類似製品を出した。
2.残念サンたちが先に製品を開発していたが、意匠登録をしておらず、後からマネして開発・
登録した人に逆に訴えられた。

 まず1について。新製品開発時には、その製品に用いるデザインが意匠登録されているかを、
あらかじめ調べる必要があります。すでに登録されている意匠と同じ、または類似の意匠の製品
を出してしまうと、悪意はなくとも意匠権の侵害行為として訴えられ、意匠の実施差し止めや損
害賠償請求を受ける可能性があります。
登録意匠に関する情報は、特許庁電子図書館(http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl)から自由に閲覧することができますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 そして2について。新製品開発時に、意匠登録せずに市場に出すことは実際よくあります。そ
もそも登録制度を知らなかった、出願料や登録料に見合うほど売れると思っていなかった、出願
可能な期日を過ぎてしまった(公表した日から6ヶ月を過ぎると出願できない)というのが大抵
のケースですが、その結果、製品の意匠権を第三者に奪われてしまう可能性があります。意匠登
録では先願主義といって、原則的に先に出願した者に権利が認められるため、こうした事態が起
こり得るのです。

 そのため、勝負をかけたデザイン製品開発においては、公表や販売に先立って、きちんと意匠
登録をして、権利を公的機関に認めてもらうことが大事です。
なお、意匠登録出願にかかる費用は、1件につき印紙代16,000円、1年間の登録料は8,500円
(第1年〜3年)、16,900円(第4年〜20年)で(*)、意匠権の存続期間は、設定登録日から20
年間です。
(*)1つの製品について、複数件の意匠登録が必要となることもあります。

*工業デザインの保護を目的とした「意匠登録」以外にも、発明や考案の保護については「特許・実用新案登録」、商品名・ロゴマークなどの保護については「商標登録」があります。くわしくは特許庁ホームページ(http://www.jpo.go.jp/indexj.htm)をご参照ください。

  • 残念サン 第19「我が社は何もパクッてないよな!!!」
  • 0コメント

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


デザインプロデュースの「ツボ」

デザインプロデュースの「現場」

残念サン

マーケットクリエイティブ株式会社_デザインプロデューサー:江原啓之

f-pzlエフパズル_デザインプロデューサー:西島洋美

株式会社ピーエーエス_デザインプロデューサー:野口顕

株式会社オプスデザイン_デザインプロデューサー:野口美可

大阪タオル工業組合_デザインプロデューサー:尾原久永

山陽製紙株式会社_デザインプロデューサー:島直哉

株式会社アクアテック_デザインプロデューサー:飯田吉秋

株式会社九宝金属製作所_デザインプロデューサー:ムラタチアキ

株式会社クリエイト・ツルモト_デザインプロデューサー:大内田直

サイトカレンダをスキップ

«
2017年 11月
»
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30