大阪府デザイン・オープン・カレッジ・2017

2017大阪府デザイン・オープン・カレッジ

 「大阪府デザイン・オープン・カレッジ」は、1988年から四半世紀に渡り、様々な産業分野で活躍されている方々を対象に、より今日的なデザイン活用を促進するため、時流に合った関連情報をお届けするとともに、経営資源としてのデザインのあり方やデザイン開発に欠かすこ とのできない知識・技術を習得していただく機会の一つとして開講しています。

 今年度は、「共創型オープンイノベーションの価値」をテーマに各分野でご活躍されている講師を招き、最新のデザイン活用事例から実践的なワークショップの実施まで、充実した内容となっております。

 皆様の「大阪府デザイン・オープン・カレッジ」への積極的なご参加お待ちしております。


伝統は革新の連続 グローカルに日本の伝統工芸を世界につなぐ

伝統は革新の連続 グローカルに日本の伝統工芸を世界につなぐ

 江戸時代後期から続く京和傘工房の日吉屋では、和傘の技術を活かした「古都里」・「MOTO」等のモダンな和風照明を開発し、今では世界各地で販売しています。日吉屋で15年間取り組んできたブランディングのノウハウと人脈をもとにTCI研究所を立ち上げ、独自スキームを開発して同じように海外展開を考える企業へのアドバイザリー事業を実施しています。

 本講座では、海外展開に目を向けた「新商品企画・開発」、「販路開拓」のためのグローバルローカライゼーションをテーマに、伝統と革新を融合するためのワークショップを行います。

【講 義】グローバルニッチに適応するものづくり 
【演 習】「プロダクト」をテーマに、グローバル・ローカライゼーションに対応した商品コンセプトを考える

【講 師】西堀 耕太郎 株式会社日吉屋 五代目当主 / 株式会社TCI研究所代表取締役

 1974年、和歌山県生まれ。高校卒業後カナダに留学。帰国後地元市役所に勤務。結婚を機に和傘職人の道を選び、日吉屋の5代目を継ぐ。2003年、株式会社日吉屋代表取締役。「伝統は革新の連続」を企業理念に、ネット販売やメディアと連動した新しい京和傘のブランディングに取り組む。2006年、和風照明「古都里-KOTORI-」シリーズを発表。グッドデザイン賞特別賞、新日本様式100選、FORM2008、iFプロダクトデザインアワード等を受賞。「グローバル老舗ベンチャー」を標榜し、国内外で活動中。2012年、海外展開・新商品開発等に挑戦する中小企業を支援するTCI研究所設立。

株式会社日吉屋「MOTO」

【日 時】平成29年8月25日(金曜日)・9月1日(金曜日)午後2時から午後5時 
【会 場】マイドームおおさか 4階 研修室(大阪市中央区本町橋2-5)
【対 象】経営者、商品企画・マーケティング・デザイン・開発担当等  
【受講料】8,000 円(2日間) 
【定 員】30名 

【申込み】ホームページからお申込ください。なお、お申込後、メール、ファックス等で受講票を送付しますので受講当日にお持ちください。(定員に達し次第締め切りますが、その際は電話等で連絡します。)

◆ホームページ:下記のインターネット専用サイトよりお申込みください。
https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2017050055

【問合せ】大阪府産業デザインセンター オープン・カレッジ係    
E-メール: info@oidc.jp   電話 (06)6210-9491  FAX (06)6210-9505

  • 伝統は革新の連続 グローカルに日本の伝統工芸を世界につなぐ
  • 0コメント

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


サイトカレンダをスキップ

«
2017年 11月
»
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30